HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>コンシューマーゲーム

TOXクリア

1_20110920160127.jpg
頑張った


以下、だらっと感想
ネタバレ注意?



項目ごとにいってみよー


>ストーリー
 内容はさておき、今回の特徴であるW主人公。
 ミラとジュードが分かれて行動する際は、開始時に選んだ主人公の視点のみで進行されます

 これは言ってしまえば
 今までは両方やっていた視点を無理やり切り分け水増しし、展開をわかりにくくした
 だけであると感じました。とにかく共通が多い。わける意味がない。

 また視点分割で解りにくいだけでなく、
 本来ならメインでやるような大事な内容の多くがサブイベントになっています。
 当然スルー可能。ストーリー進行ごとに行ける範囲を隅々まで調べるなんて普通はやりません
 結果RPG慣れしていない人ではそのほとんどを取りこぼし「アレはどうなったの?」と疑問だけが多く残る形に。

 メイン1本で説明することを放棄し、分割し、散らばらせ時間を稼ぐ形で完結するってのは今後辞めて欲しいところ
 2周前提、全回収でようやく把握ってのはどこに向けて作ってるのやら




>フィールド・街・ダンジョン
 サントラの曲目からの予想で、街は据え置き最少の8つと目されていましたが、その通りでした。
 個々の街のクオリティは高いものの、とにかく数が少なく世界が狭い。

 特に定番の2つ目の世界側が狭く、「街1、ダンジョン2、街道2」しかありません
 グレイセスの時も元いた世界の数倍の大きさの惑星にも関わらず、いける場所は1つ2つでした。
 今回もそれを踏襲する形になってしまい残念です。次は更に狭くなっちゃうんでしょうか


 次に間をつなぐ草原、湿原、街道、雪原フィールド。
 その全てが切り立った高い崖で覆われており、非常に圧迫感があります
 遠景が全く見えず、どこでも、どこを向いても崖が目の前にあるので変わり映えしませんでした
 行動可能範囲の区切りをどうして全部崖にしちゃったんでしょうね


 最後にダンジョン
 いくつかの使いまわしと、やはり数が少ないのを除けばそこそこでしょうか
 ただどうしても解せないのがラストダンジョン
 突入後いきなりボス戦
      ↓ 
 足場が崩壊しパーティがバラバラに
      ↓
 主人公のみで1本道を2ブロック進むと、選んでいない側の主人公と合流
      ↓
 次のブロックでボス戦
      ↓
 1本道を1ブロック進むとラスボス。戦闘中にメンバー合流
 で、終わりとなります。
 通り道はジュード編で一度使用済みなので目新しさもなく、そもそもダンジョンと呼んでいいものか。

 また隠しダンジョンもあるにはあるんですが、
 各街・フィールド・ダンジョンの一部を切り取って層とし、それを潜っていく形
 何もここまで使いまわさなくても




>バトル
 グレイセスのように行動カウンターが搭載されました
 しかしGと違いTPも復活したので、TPはまだあるのに行動できないことが多く、必要性にハテナ。
 アクション行動に制限をかける要素を2つ以上いれるのはつまらなくなるだけですね


 次に今回の新要素・リンク。
 パーティ内でペアを組むことによってスキルの共有や合体攻撃を行うことができます

 一見いいことづくめ・・・が、しかし

 たとえば両方オート設定で、前衛と術士がリンクするとします
 術士が後方で詠唱を開始。その間リンクしている前衛は術士の近くで棒立ちしてしまいます。
 詠唱妨害に敵がやってくれば迎撃は行うものの、その反応も悪く、つぶされて動き出す始末

 逆に前衛側が近接し殴っていると、なんと術士も近接攻撃をし始めます
 殴っていたと思えば、下がらずそのまま敵陣のド真ん中で詠唱をはじめてタコ殴りにあったりも。

 といった感じでリンク時の挙動が未完成。

 基本的には前衛の誰かを操作し、前衛とリンク。残り二人のメンバーはリンクさせず戦わせる
 とでもしないと棒立ちが発生し戦闘人数が減る事態に陥ります

 またリンクしなければ秘奥義が撃てません。なので闘技場個人戦なんかは事実上制限がかかります
 結局メリットよりデメリットが上回ってしまい、これも必要性が薄くなってしまいました

 ここの酷さを助長したのは作戦とAIの微妙さもあるでしょうか
 術士の技を封印し、術技メインを指示しても、度々通常攻撃しに前にやってきては死にますし
 近接した時のリンク相手は敵の背後をとることを優先するため攻撃頻度は下がりがち
 今まで感じたことのないようなAIの頭の悪さにイライラすること受け合い。


 次は対モンスター。雑魚は置いといてボス戦。
 ハメ対策なのか一定回数の連続攻撃をしたり、ダウン、打ち上げを行うと「!」と出てカウンターを行ってきます
 ただ逆に言えばそれさえ避けてしまえば
 ハメ→「!」を見て避ける→再度ハメ→以下ループ が成立
 全体的に与ダメージが抑えられていることもあって作業感がすごいです

 これに関してはボスのアーマー付き攻撃の少なさも一因だと思われます
 敵の攻撃の途中でこちらが割り込んでポンポン打ち上げられるのはちょっと・・・




>その他
 テイルズオブシリーズではおなじみの要素がガッツリ削られました
 ミニゲーム、ねこにん、水着・温泉イベント、闘技場シリーズキャラのゲスト参戦
 これらがない事と、世界の狭さも相まって全体的に薄っぺらいです。

 それとグレードですが、称号ごとにわりあてられたポイント制になり、一部が=トロフィーとなりました
 プレイヤーの腕や難易度クリアが必要ないため、作業が苦でなければプラチナ取得は難しくありません。




総評としてはテイルズオブとしても、RPGとしても今後大丈夫だろうかと不安になる出来でした
また完全版出すのかなぁ・・・いい加減それも辞めて欲しいんですけど

なんだかんだシリーズのほとんどをプレイ済みだし、新しいの出たらやっちゃうのかなー

大体そんな感じー

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。