HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>PSPo2i

PSPo2i近況&総評

どうも更新滞ってしまいまして申し訳ない
ホントはコレも昨日書こうと思ってたんですけどね・・・

いやー、なんだか色々ありまして。
なんだかんだ、まだブログやらは続けられそうです
今後ともよろしくお願いします


さてPSPo2i発売から1ヶ月が経ちました
その間、一人でだらだら100転生マラソンと、タイプ上げをした結果・・・
1_20110324184117.jpg
完成?しました。
防御と回避と精神が2段階上がっていたり、
転生回数が無駄に多いのは、試行錯誤段階のミスです
そのうち防御と精神も上げたいんですけど、いつになるやら。

戦績はこんな感じ
1_20110324204354.jpg
体験版を私的クリアした時はプレイ時間90時間、撃破30万くらいだったような。結構増えました。
称号もあとHuRaFo40・50と不明2個、コンプリートの1個なのでもう目前。頑張ろう


そんなわけでPo2i日記もぼちぼち復帰といきたいところですね




さて気になった点や総評をば。

∇ストーリー
ワイナールのおかげで評価は上々のようですね
ただ少々短すぎ、一方では説明不足の点も叫ばれています

まずデューマンの眼帯の件について
これは本当に一切触れられず、説明もなく、推察すらできない放り投げっぷりです。

次にカーツの存在について。
どうやらチェルシーを軍に引き戻しにきたついで、チュートリアルをしてくれたようですが・・・
なんと一切EP2ストーリーに絡みません。見た目変わったのになんと勿体ない

次に聖櫃クロウリィについて
ワイナールが生涯をかけて作り上げたダークファルスの櫃。旧文明人の箱舟。
自律起動やワープも可能な抗SEED船らしいです。今回は抗SEEDを逆手に浸食されない檻として使用されました
クロウリィは見た目がパイオニア2そっくりということで発売前から議論を呼んでいました
PSOではEP1の前に調査団がPSOの遺跡こと「古代宇宙船内部」で初期型のダークファルスと遭遇しています
クロウリィも宇宙船で、最後は星の海を彷徨う形で追放しました
そしてそれがラグオルに流れ着き・・・という推察が恐らく正しいのでしょう

しかし、ここで問題が一つ
それはグラールで歪曲空間内に復活したダークファルスがラグオルの記憶を持っていた点
これは時系列でラグオル→グラールでないとありえません。
しかしそうなるとグラール→ラグオルと流れ着きPSOスタートという推察に矛盾が生まれます
どういうことなんでしょうね。明確な説明がないのでわかりません

また内部での会話イベントで、前に予想をした部分
エミリアとシズルの出生についての言及がありました
しかし「もしかしたら」程度の触りに加え、突然「転生」という言葉が飛び出し、それで納得する形に収まります
しかもそれ以降「転生」と出生についての答えは結局出てこず、話を出した意図がサッパリわかりません


次にトゥルークリア後のサイドストーリー「時空を超えて」
エリアのド真ん中にあるモニュメントはさておき、リコ・トラップや遺跡エリアの再現等いい点もありました

しかしリコと共に調査を一通り終えた後にダークファルスを感知した際
ナギサが急に「SEEDウィルス」ではなく「D因子」という単語を使います
自身はハウザーに作られたか改造された養子ですし、恐らく失敗後策としての存在だろうと思います
なのでSEEDウィルスはD細胞で、SEEDはD型亜生命体といった認識はあったのかもしれません
更に対象してはサイドストーリーであることと、内容からシリーズ経験者向けなのも分かります。
それでも隣にエミリアがいるにも関わらず、何の疑問や説明も無く進むのにはやや違和感がありました

その会話の後、遺跡からガル=ダ=バル島にワープし、オルガ・フロウと戦闘になります
もうどこから突っ込んでいいものか・・・

まずオルガ・フロウことγ119号は
移民船パイオニア1のヒースクリフ・フロウウェンを指揮官とした調査団が遺跡内部で未知の生命体を発見
初期型のダークファルスと戦闘になるも、これに勝利。しかしフロウウェンは傷を負い、遺伝子汚染を受けます
フロウウェンはダークファルスの危険性を案じ、自らを研究材料として捧げる代わりに移民第2陣の中止を約束させる
そして彼を母体として作られたダークファルスです。結果としてその約束は守られることはなかったのですが・・・
無論、人にD因子を扱えるはずもなく完成するが暴走。一旦は廃棄されたものの、
ダークファルスの危険性を認識した軍とDF本体の戦闘の最中、突如起きた負の感情に呼応したオーバーロード。
それに共鳴する形でγ119号の制御AIオル・ガも暴走。覚醒する。
そのオーバーロードで起きた爆発の唯一の生き残りであるリコが調査の後、ダークファルスに取り込まれた事を知ると
フロウウェンは最後の力でラグオル直上までやってきていた移民船第2陣パイオニア2に
「リコを救い、自らを滅ぼして欲しい」とメッセージを送りプレイヤーを待つ・・・
といった感じなのです

ここで気になるのが、ナギサセンサーは何故ダークファルス本体ではなくオルガ・フロウに反応したのか。
仮に爆発前ならAIが暴走していない段階のγ119号は、果たしてオルガ・フロウと呼べるのか
そして爆発後であるなら本体の力が増大しているはずで、尚更ダークファルスに反応しなかった事に疑問が出る

まぁ全く説明がありませんのであまり考えるのも無駄でしょうか・・・

さて謎のエレベーター直行ワープに乗り、移動すると戦闘の直前に
ハンターズ(ヒューマー、レイマー、旦那、ぽんぽん)のデフォキャラ4名が援軍にきます
が、当然ながら戦闘には参加せず、また戦闘後には一切存在がなく、これまた意図がわかりません
彼らは何をしにきたのか・・・

そしてオルガ・フロウを倒すと、何故かフロウウェンが救出でき、
復活したフロウウェンとリコでダークファルスを倒しパラレルの歴史へ・・・

あまり詳しくもありませんが、これはもう原作レイプといっていいんじゃないでしょうか
そうか。これがPVの売り文句"シリーズ最大の悲劇"・・・なんて。


個人的な予想ですが、この一連の説明不足の件については、偏にキャラクターボイスにあるように思います
サイドストーリーやインターミッションの会話にもボイスを入れなきゃならなくなり、色々制約がかかります
好みのCVが多いので嬉しいは嬉しいんですが、こういった部分でしわ寄せがくるなら要らないかな、とも。




∇インフィニティミッション・プラネットトレジャー
・大型がでやすいなどのマスクデータ
・合成の結果がみえない仕様
・プラネットトレジャーは確定取得ではない
この3点がなければ素晴らしいシステムだったように思います
レアを掘るために、トレジャーを得るためにミッションを作ろうにもマスクデータでリセットマラソンが加速し
ようやくトレジャー用のミッションが完成しても、取得確率がとても低いため何度もクリアする羽目になる
そのせいで目標が結果に変わってしまい、ブン投げてしまうこと必至
あと1歩といった勿体ない印象




∇エネミー・ボス
新規は張り替え含め約30種。ボスは8種。
雑魚モンスターはマザー4種やフィンジェ3種といったイラ壁要因ばかりが増えた印象
やりたいこと、コンセプトは分かるんですけど如何せんシステムにミスマッチ

ギール・ゾーグとヴォルナ・グラフカは張り替え。グラフカは狭い・痛い・硬いの悪い3拍子。
ダークファルス・ディオスとヤオロズは張り替え。ヤオロズ=可愛い。DFD=鬱陶しい。
ディラ・ブレイヴァスはドラゴン系をやや弄った感じ。理不尽すぎず、弱すぎず。
オルガ・フロウの再現度は70%くらいでしょうか。
演出の省略はあるものの第一形態はほぼそのまま、最終形態は色々魔改造されました




∇種族・タイプ
まずは種族について
人、獣、箱は地位そのまま、PP回復速度が1位になった沼が最強の座に躍り出ました
デューマンはカンスト時のステータスは全種族中
PP総量4/5 ,PP回復5/5 ,攻撃2/5 ,防御5/5 ,命中2/5 ,回避5/5 ,法撃2/5 ,精神5/5 ,持久5/5
と、救いようのない弱さ コンセプトがイマイチよくわかりません
"圧倒的攻撃性"と謳っているのに、結局攻撃も法撃も追いつかず、命中は2位とはいえ箱とかなりの差があります
加えて頼みの綱のインフィニティブラストも攻撃力はナノブラストに負け、無敵もなく・・・
どうしてこうなった・・・

次はタイプについて
テクニックハイスピード+の2段階加速によりフォースの地位向上
レンジャーはTLv40,50の専用アビリティ前提ながら後述のCS2もあり、かなり戦いやすくなりました
ハンターはほぼ据え置き。相変わらず安定した強さ。ただ∞ランクでの命中不足が問題か
ブレイバーは罠とボマーのダメージ弱体化、イグナイトアーツのコスト7で地位低下
片手武器のエクステンドPや不満点も改善されませんでしたし、コンセプトがほぼ生きません。




∇武器・防具
ぼちぼち追加されました。ぶっちゃけそんなに増えてません
また既存・新規のカラーバリエーションの水増しが結構目につくのと、
最高ランクのものの多くに通称フケエフェクト
2_20110324210337.jpg
がついていて、結構不評。私もあまり好きじゃありません

また封印ノダチが実装されたものの解放がないらしかったり、
真アギトがソードではなく(T)セイバーであるらしい、といった首をかしげる点がチラホラ

それとシールドの攻撃力が㌧でもない数値になりました。
テコいれらしいんですけど、問題点そこじゃないんですよねこれが
左手射撃は変更点なし。ガードできないので相変わらず微妙

セット防具は新規同士でいくつか追加されたみたいです。武芸セットは攻撃の上昇幅が低く。




∇フォトンアーツ・チャージショット
スキルのバランスは大分とれたように思います。
ただ相変わらず片手武器の火力がなく、左手射撃武器も含め使うメリットが薄いです。

テクニックはラ系の追加効果(転倒など)が変わったようです。
新テクニックがどれも使いやすく、また先述のハイスピード+もあって全体的に地位は向上しました

そしてチャージショット。一部Ⅰが見直され、全てにⅡが追加されました
ライフル Ⅰ安定。Ⅱとかなかった。今まで通りスナイプ高火力。
ショットガン Ⅱ安定。高倍率でヒット数が多く、打ち上げを差し引いてもトップクラスの火力
ロングボウ Ⅱ優先か。射程が短いながら高火力のダウン付き4連射。フォースが担げば真価を発揮します
グレネード Ⅰ安定。ショットガンにお株を奪われつつあり、担ぐ場面があまりなくなりました
レーザー Ⅰ優先か。ヒット数が上昇したため地位向上。またⅡは抹殺で大活躍。
ツインハンドガン Ⅰ安定。Ⅱは何に使うのかサッパリわからない

ハンドガン Ⅰ安定。実際回復はⅡよりテクニックでいいよね
クロスボウ Ⅱ安定か。劣化ショットガンのような感じ。弱くはないが、強いとも言い切れない。
カード ⅠorⅡ?。どちらも似たようなものだと思います。ただ火力があまりに低く、GOD候補
マシンガン Ⅱ安定か。耐性貫通はいいものの、やはりこれも火力不足な感。

使ってみた感じ、こんなところですか。




∇服・パーツ
服男性:デフォルト4種+新規2種+レプリカ5種+コラボ
服女性:デフォルト4種+新規4種+レプリカ3種+コラボ
パーツ男性:デフォルト1種+新規2種+レプリカ4種+コラボ
パーツ女性:デフォルト1種+新規1種+レプリカ2種+コラボ
まー少ない。とにかく少ない。キャス子なんて実質2つですよ2つ。
ちょっとこればっかりはどう言っていいものやら・・・
代わりにコラボDLCやらが多いよってことなんでしょうけど、本末転倒な気がしてなりません
とても残念です




∇音楽
今回の追加曲は全て小林秀聡こと小林神によるものようです
聖櫃クロウリィなんかは人気がありますね

よかったらどーぞ





∇まとめ
言ってしまえばアペンドディスク程度の追加です。
倉庫や転生といった大幅なシステム変更があるのでその形態は無理だったんでしょうが、
引き継ぎ組にはやはりボリューム不足が否めないかもしれません。フルプライスってのもちょっと。
ただ完全新規さんにはかなりのボリュームですし、そういった方にはオススメできるかも



まぁとりあえず細かい事は横に置いて・・・ハムるか!

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。